少子高齢化問題と医療技術
この時代には先進国の少子高齢化はさらに進んで問題となりつつある。
先進国に限って言えば女性一人あたりの出産人数は1に限りなく近くなっており、同時に高額ながら 延命処置技術も確立してそれを施した場合平均的に100歳前後までの長寿が実現している。
もちろん部分クローキング技術などによる医療技術の発展は、先進国で脳以外の病気で死亡するケースは 非常に稀になったとさえ言われている。

少子化の理由に関しては経済学的な視点や宗教・文化的な側面があり簡単には説明しにくいが、 農業などの一次産業が中心の国での”資産的”な側面の価値から、先進国での”消費財”的な価値観への シフトが進んできたことによるところが大きい。

ここでセクサロイドの普及は豊かな社会生活の実現と共に、子供に対しての価値観を一変させる原因になりつつある。

TUNESに関しては一般に知らされていない組織ではあるが、永遠の命の研究と言う面で注目されており、 その活動や行動をもっと一般に公開し、セクサロイドに関する人権問題を真剣に議論すべきだという意見もあるほどだ。

a

back