face_s.gif
バレッタ・ライラック

ワーウルフの少女。ワーウルフの村で生まれ育ったが、獣人化すると男性に性別が変わるという生まれつきの欠陥があり、同時に必ずバーサーク(凶暴化)してしまう。子供の頃はよかったが成長して最近では村人では手におえなくなって来た。 そうしているうちに、たまたま村に立ち寄ったセリアと冒険することになる。


彼女の両親は父親がワーウルフ、母親が人間という種族。戦争のために合成して作られた種族なので普通は ハーフなどは生まれるハズがなかったのだが、奇跡的に生まれたのが彼女だ。
人間がオオカミ的に変化するのがアリなら同時に女性が男性になるのもアリだろうという発想。

その為対処方法はないが、基本的にはある程度の年齢になってジェンダー(精神的な性)が確定した段階で男女どちらかの 性に外科的手術で確定するのが普通だと思われるのだが・・・。


見た目どうり基本は女性、普段も女性的な考え方が自然のようにみえる。ただ、この世界ではワーウルフのような亞人種は ある種の迫害を受けている。差別というものでもないがトラブルの元になるのでひっそりと町の外に集落を作り、あまり よい生活とはいえないのが実情。
実際には人間になった方がトクなのは確実だが、耳やしっぽなどの存在やからいえば、人間の町にも住めずにトラブルになる 懸念もある。いわば彼女にとっては大きな人生の岐路に立っているのだが、セリアとの出会いは損得やワーウルフ化しないよ うに恋愛感覚を押し殺すように生活してきただけに、考え方が大きく変化していくきっかけになる・・・。
バレッタ設定

どうも彼女の体質にもよるところかも知れないが、セリアに対する思いがそうさせているようだ。
back